読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう!おもしろすぎる戦いの数々

戦国時代においては、その時代名を読んで字のごとく毎日どこかしこで合戦が繰り広げられていました。それらの合戦がなぜ起こったのか、またその合戦を是か非でも勝ち抜くために武将たちはどのような準備を施し、またどのような戦略や戦術を駆使して戦ったのかをいくつかの合戦にスポットを当ててご紹介していきます。

賤ヶ岳の戦いで七本槍に数えられた戦国の猛将「福島正則」

f:id:hitokoburakuda2012:20160414135138j:plain

●永禄4年(1561年)~寛永元年(1624)7月13日
●安芸広島城

福島正則は永禄4年(1561年)、尾張で桶屋を営んでいた福島正信の長男として生まれ、母親が豊臣秀吉の母親の姉妹だったことから幼いころより小姓として秀吉に仕えていました。

秀吉が中国地方の攻略を命じられると正則も従軍し、天正6年(1578年)播磨三木城の攻撃で初陣を飾るなど、各地の戦いに参加して功を挙げ秀吉より200石を与えられました。

天正10年(1582年)、本能寺で信長を討った明智光秀との山崎の戦いでも、光秀の居城・勝龍寺城を攻撃するなどの活躍をし、さらには天正11年(1583年)に行われた柴田勝家との賤ヶ岳の戦いの際には、加藤清正らと共に賤ヶ岳の七本槍と呼ばれる活躍をし、その中でも猛将・拝郷家嘉を討ち取るといったような一番の活躍を見せて、秀吉より5,千石を与えられました。

その後も天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い四国征伐、さらには天正15年(1587年)の九州平定でも手柄を挙げて、伊予今治11万石の大名に列せられました。

文禄元年(1592年)からの朝鮮出兵においては、戸田勝隆、長宗我部元親蜂須賀家政、生駒親正、来島通総などを率いる五番隊の主将として渡海し各地で戦いましたが、この頃から吏僚である石田三成との間柄が険悪になっていきました。

そんな中、文禄4年(1595年)7月に豊臣秀次が秀吉によって自害させられると、正則は秀次の旧領であった尾張清洲24万石の領地を与えられました。

そして慶長3年(1598年)8月に秀吉が死去すると、正則は三成との仲が益々険悪になり、翌慶長4年(1599年)に前田利家が死去すると加藤清正らと共に三成を襲撃しました。しかしその場は家康の仲裁によって収められましたが、この事件によって三成は佐和山での隠居に追い込まれました。

そのような経緯もあり正則は次第に家康と親しくなり、正則の養子・正之に対して家康の養女・満天姫を貰い受けることが決まりました。

慶長5年(1600年)、家康が会津征伐に出陣すると、正則も6千の兵と共に従軍し、その道中で三成挙兵の報を受けた家康より招集された小山評定では、他の武将に対して家康率いる東軍へ参加する流れを作りました。

その評定において、会津討伐から反転して西上し、三成率いる西軍と戦う方針に決まると、岐阜城関ヶ原の戦いでは先頭に立って戦闘を行って東軍の勝利に貢献し、戦後は安芸・備後の2ケ国49万8千石を与えられました。

その後月日は流れて、慶長19年(1614年)に大阪の陣が勃発すると、正則は秀頼に加勢を求められると、大坂の蔵屋敷にあった備蓄米の接収を黙認するものの、積極的な協力は拒絶しましたが、それでも家康からは危険視されて、従軍は許されず江戸留守居役を命じられました。

そして、家康が亡くなった後、元和5年(1619年)、台風の被害によって壊れた広島城の石垣を幕府に無断で修理した罪 等により安芸・備後の領地を没収され、信濃川中島四郡中高井郡と越後魚沼郡の4万5千石に減封・転封となり、それを機に正則は隠居し、家督を嫡男・忠勝に譲りました。

しかし元和6年(1620年)に忠勝が早世したため、正則は2万5,000石を幕府に返上した後、寛永元年(1624年)に正則は64歳の生涯を終えました。

ただ、その残った2万石の領地も、幕府の検死役の堀田正吉が到着する前に、正則の遺体を家臣・津田四郎兵衛が火葬したために没収されてしまい、福島家は取り潰しになるも、幕府は正則の子・正利に旧領の内約3,千石を与えて、旗本に取り立てています。