【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう!おもしろすぎる戦いの数々

戦国時代においては、その時代名を読んで字のごとく毎日どこかしこで合戦が繰り広げられていました。それらの合戦がなぜ起こったのか、またその合戦を是か非でも勝ち抜くために武将たちはどのような準備を施し、またどのような戦略や戦術を駆使して戦ったのかをいくつかの合戦にスポットを当ててご紹介していきます。

黒田官兵衛の子、関ヶ原合戦では家康を勝利に導いた「黒田長政」

f:id:hitokoburakuda2012:20160219113144j:plain

●永禄11年(1568年)12月3日~元和9年(1623年)8月4日
筑前黒田藩初代藩主

黒田長政は永禄11年(1568年)12月3日に播磨の武将・黒田官兵衛と櫛橋光の嫡男として姫路城で生まれました。

父・官兵衛は織田信長の家臣・羽柴秀吉に従い、天正5年(1577年)10月15日にはその秀吉に対し起請文を提出して長政を人質として秀吉に預けました。

近江・長浜城において、長政は人質でありながらも秀吉とおね夫婦から我が子のように可愛がられ、また同じく長浜城で暮らしていた加藤清正福島正則たちとは兄弟のように過ごしていました。

そんな中、天正6年(1578年)に荒木村重が信長に対して反旗を翻すと、父・官兵衛は懇意であった村重を説得するために有岡城へ単身乗り込みますが、説得に失敗し捕えられてしまいました。

いつまで経っても帰ってこない官兵衛に対して信長は村重の反乱に加担したと思い込み、秀吉に対して長政を処刑するように命じましたが、父の同僚である竹中半兵衛が、信長に対して長政を処刑したという虚偽の報告をし、密かに長政を自身の居城である菩提山城城下に匿うことによって、一命をとりとめた長政は、有岡城の陥落後、父が救出されたことによって父の疑念が晴らされ、無事に姫路へ帰郷することが出来ました。

天正10年(1582年)6月に起こった本能寺の変によって、信長が明智光秀に討たれると、翌・天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いに従軍した長政は、その戦いにおいて武功を挙げることにより、秀吉から河内国内に450石の領地を与えられました。

その後も天正15年(1587年)の九州平定などに参加し、天正17年(1589年)には父・官兵衛が隠居したため家督を相続し、従五位下・甲斐守に叙任されました。

文禄元年(1592年)からの朝鮮出兵にも5千人の兵を率いて参戦し、一番隊の小西行長や二番隊の加藤清正らとは別の進路を取る三番隊の主将となり、数々の武功を挙げましたが、その一方で渡海した多くの武将と同じように吏僚である石田三成小西行長らとの対立が深まりました。

慶長3年(1598年)8月に秀吉が死去すると、三成ら文治派との対立の延長線上で徳川家康に接近し、すでに結婚していた蜂須賀正勝の娘・糸姫を離縁し、家康の養女を正室に迎えました。

慶長5年(1600年)に、三成が毛利輝元を西軍の総大将に祭り上げて挙兵すると、長政は迷わず家康率いる東軍に加担を決め、東軍の武将として関ヶ原の戦いに参戦し、石田隊との激戦を繰り広げ、鉄砲隊によって三成の家老・島左近を討ち取るなどの活躍をする一方で、西軍の小早川秀秋吉川広家などを寝返らすための調略活動にも力を発揮し、その功によって戦後家康より筑前52万3千石を拝領し、福岡城を築いています。

そして慶長19年(1614年)の大坂冬の陣が始まると、長政は江戸城の留守居役を命じられ、代理として息子の忠之を出陣させました。

また翌・慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では秀忠軍に属して、盟友の加藤嘉明とともに豊臣方と戦っています。

長政は、藩主になってから、博多にある多くの産業を奨励し、博多人形や博多織、さらに高取焼など伝統工芸の復興に力を注ぎ、現在ではそれらが福岡の名産品となっています。

そんな長政は元和9年(1623年)8月4日京において56歳の生涯を終え、その跡は忠之が継ぎました。しかし生前の長政は、忠之の器量を疑問視し、廃嫡を考えたこともありましたが、重臣の栗山大膳に諌められて思いとどまったものの、長政亡きあとに藩主になった忠之と栗山大膳が対立するお家騒動が起こっています。