【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう!おもしろすぎる戦いの数々

戦国時代においては、その時代名を読んで字のごとく毎日どこかしこで合戦が繰り広げられていました。それらの合戦がなぜ起こったのか、またその合戦を是か非でも勝ち抜くために武将たちはどのような準備を施し、またどのような戦略や戦術を駆使して戦ったのかをいくつかの合戦にスポットを当ててご紹介していきます。

堺の豪商の子から武将となり、朝鮮出兵で活躍した「小西行長」

f:id:hitokoburakuda2012:20160205125809j:plain

●永禄元年(1558年)~慶長5年(1600年)10月1日
●肥後の南半国宇土益城、八代の三郡20万石

永禄元年(1558年)、和泉国堺の商人・小西隆佐の次男として生まれた小西行長は、小さい頃からキリスト教に触れ、のちに洗礼を受けてキリシタンになりました。

最初は備前の商人の家に養子として入っていましたが、商売のために宇喜多氏に出入りしていたところを宇喜多直家に才能を見出され家臣として仕えるようになりました。

織田氏の家臣である羽柴秀吉播州・三木城攻めを行っていた際、直家から秀吉のもとへ度々使いし、その後宇喜多氏が毛利氏から織田氏に寝返ると、秀吉のために働くようになって、それ以降は父・隆佐と一緒に秀吉に仕えるようになりました。

そんな行長は、商人出身ということもあり、豊臣政権内においては水軍や船での補給を行う舟奉行に任命され、天正13年(1585年)には摂津守に任ぜられました。

小豆島や塩飽諸島を与えられていた行長は、同年の紀州征伐において水軍を率いて参戦し、雑賀衆の抵抗を受けて敗退したものの、太田城の水攻めにおいては、安宅船や大砲を駆使して攻撃し、開城のきっかけを作るなどの活躍もあって、宣教師から海の司令官と呼ばれていました。

天正15年(1587年)からの秀吉による九州征伐の後、肥後に入っていた佐々成政が失政により切腹に処せられたのち、行長は成政の旧領である肥後の南半国宇土益城、八代の三郡20万石余を与えられました。

天正17年(1589年)には宇土古城の東に新たに宇土城を築城し、この城は小丘陵の城山の頂上に本丸、西に二の丸・堀と石垣三の丸を配し、それぞれを堀と石垣で囲んだ近世城郭で、鶴が翼を広げているように見えることから「鶴の城」と呼ばれました。

ちなみに残りの北半国には朝鮮出兵の際にライバルとなる加藤清正が配され、行長は後々清正と次第に確執を深めていくことになっていきました。

文禄元年(1592年)からの朝鮮出兵が始まると、行長は釜山の攻略を皮切りに次々と朝鮮軍を破り、清正との戦功争いに勝って漢城を先んじて占領し、さらに北上を続けて平壌をも落として、自身の武名を上げました。

その一方でこの朝鮮の役を早く終わらすために宗義智石田三成と協力して和平交渉に携わり、明の講和担当者・沈惟敬らとも共謀して、秀吉には明が降伏すると偽り、明に対しては秀吉が降伏すると偽って講和を結ぼうとしました。

この謀の結果、明の使者が秀吉を日本国王に封じる旨を明記した文書と金印を携えて来日しましたが、この文書の内容は秀吉が明の臣下になることを意味するものでした。

行長はこれを秀吉に報告する際、この文書を読み上げる西笑承兌に内容を曲げて伝えるように依頼しましたが承兌は拒否し、内容を正しく秀吉に伝えたため、秀吉は激怒し講和は破れ、そして再度の出兵を招いてしまいました。

秀吉が慶長3年(1598年)8月に死去すると、行長は朝鮮から12月に帰国し、その後は徳川家康の取次役を行うなど、家康に近いところにいましたが、慶長5年(1600年)に石田三成毛利輝元を西軍の盟主に立て家康に戦いを挑むと、行長は西軍の将として参戦しました。

そして関ヶ原の戦いにおいては、東軍の田中吉政らの部隊と激戦を繰り広げるものの、小早川秀秋らの裏切りによって西軍は敗れてしまいました。

キリシタンのため自害できない行長は、伊吹山に向け逃れていきましたが、結局捕えられて、京へ送られ、市中を引き回された後、六条河原において石田三成安国寺恵瓊と共に斬首されました。