読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう!おもしろすぎる戦いの数々

戦国時代においては、その時代名を読んで字のごとく毎日どこかしこで合戦が繰り広げられていました。それらの合戦がなぜ起こったのか、またその合戦を是か非でも勝ち抜くために武将たちはどのような準備を施し、またどのような戦略や戦術を駆使して戦ったのかをいくつかの合戦にスポットを当ててご紹介していきます。

羽柴秀吉が四国統一を果たした長宗我部元親を征討「一宮の合戦」

f:id:hitokoburakuda2012:20151023125448j:plain

徳島県徳島市
●1585年(天正13年)6月
●羽柴勢(11万)VS長宗我部勢(4万)

《合戦までの経緯》
鎌倉時代から幕府の地頭として活躍した長宗我部氏は、土佐の岡豊城を拠点とし、元親の代になると一気に躍進し、四国の平定間近まで勢力を伸ばしました。

しかし信長が天下布武の名のもとに領土を拡大し、四国まで手を広げようとしましたが、その矢先に本能寺の変によって明智光秀に討たれたため、元親は窮地を脱しました。

その後、元親は賤ヶ岳の合戦や小牧戦で秀吉に敵対する勢力であった、柴田勝家徳川家康と手を組みつつ、1585年(天正13年)ついに四国の覇権を握ることに成功しました。

しかし中央で元織田政権の権力を掌握した秀吉は、自らに敵対した元親に対して征討の準備に取り掛かりました

1585年(天正3年)3月、元親は伊予をそのまま自身の領土とするものの讃岐と阿波は秀吉に返上することで和睦を試みましたが、秀吉はそれを認めず、決戦を回避できない状況に陥りました。

和平交渉が纏まらなかったことを受け、防御の態勢を整えるため、東条関兵衛を阿波の木津城に入れて前線とし、江村親俊と谷忠澄を一宮城に、吉田孫左衛門を渭山に入れて徳島方面の守備を固めました。

また香宗我部親泰の軍を牛岐・海部の両城に入れ東部の海岸線を守備し、岩倉及び脇の諸城も合わせて4万の軍勢にて秀吉勢に備えました。

そして元親自身も、5月には兵8千を率いて岡豊城を出立し、一族が眠る瑞応寺に参拝したのち、四国の十字路といえる白地に本陣を構えました。

一方秀吉は、自ら陣頭に立って四国を攻めるつもりでしたが、越中佐々成政との対峙や体調がすぐれないこともあり、四国征討には弟の秀長を総大将とし、3万の兵を付けて送り出しました。

他には甥の秀次に3万の兵を持たせて、播磨から淡路を通って秀長勢と合流したうえで土佐泊に上陸させ、続いて讃岐の屋島には宇喜多秀家蜂須賀正勝黒田官兵衛ら兵2万3千を、さらに新居浜、氷見、今治からは小早川隆景、吉川元長が兵3万を率いて上陸しました。

まず7月17日、東伊予で毛利軍は金子元春が守る金子城、元宅が守る高尾城を攻略し、そのまま伊予の北部へ侵攻し、元親が布陣する白地に近い仏殿に迫りました。

そして讃岐に上陸した宇喜多、黒田の軍勢は白地との連絡の拠点であった植田城を攻めたが、これを落とすことが出来ず、そのまま阿波の秀長軍と合流しました。

ただ阿波の各城は守りが固く、その情報に接した秀吉は自らが四国に攻め込むと息巻いたが、秀長がこれを抑え、秀吉の作戦に従って兵を3つに分け、秀次に岩倉城攻めを任せ、自らは一宮城攻略に向かいました。

《合戦の内容》
秀長は5万の兵を率い、一宮城を見下ろせる辰ノ山に本陣を据え、籠城する江村親俊や谷忠澄らと鮎喰川を挟んで対峙しました。

主力部隊である増田長盛や蜂須賀正家を城の正面に配し、藤堂高虎を山の斜面右手に陣を敷かせて城を包囲したが、城方の抵抗が激しく、なかなか落ちそうな気配がなかったため、城の水の手を断つ作戦に出ました。

秀次の岩倉城方面の攻めも順調に進み、元親の本陣へ迫る勢いを見せる中、元親はこのまま戦い続けることの難しさを考え、一宮城の守将である谷忠澄をして、秀長との和平交渉を命じ、7月25日、和議が成立しました。

《合戦の結果》
秀吉は、四国平定の後、元親に対し土佐一国を安堵し、阿波や伊予、讃岐は四国攻めに功があった武将に分け与えられました。

元親はその後、豊臣の一武将として秀吉に対して城の普請や軍役など献身的に仕えるようになりました。