読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう!おもしろすぎる戦いの数々

戦国時代においては、その時代名を読んで字のごとく毎日どこかしこで合戦が繰り広げられていました。それらの合戦がなぜ起こったのか、またその合戦を是か非でも勝ち抜くために武将たちはどのような準備を施し、またどのような戦略や戦術を駆使して戦ったのかをいくつかの合戦にスポットを当ててご紹介していきます。

島津義久が九州全土を掌握するための総仕上げ「沖田畷の戦い」

f:id:hitokoburakuda2012:20151023124945j:plain

長崎県島原市
●1584年(天正12年)3月
島津家久有馬晴信(6千)VS龍造寺隆信(2万5千)

《合戦までの経緯》
龍造寺隆信は島原の有馬晴信の裏切りを受け、1582年(天正10年)、有馬氏を討伐すべく嫡子の政家を島原へ向かわせましたが、なかなか思うように戦果を挙げられませんでした。

そのため隆信は、自らの手で有馬氏を討伐すべく、2万5千の兵を率いて、1584年に肥前の須古城を出立し、島原半島の神代に上陸し、三会に進出しました。

龍造寺隆信の来襲を知った有馬晴信は、すでに島津氏の領土となっている肥後に駐留している島津家久に救援を求めました。

島津氏は、肥後をやっと手に入れたばかりで、その支配がまだ完全ではない状態でしたが、有島氏は今後九州北部へ攻め入るために必要な兵力だったため見捨てることは断じて出来ず、有馬氏の救援を決断し、兵を島原へ進めました。

《合戦の内容》
兵3千と共に島津家久は勇躍して八代から島原南部へ上陸し、有馬勢と合流した後、雲仙岳を左に見ながら島原半島東海岸を北上し続け、島原城付近の沖田畷に陣を敷きました。

その沖田畷というのは、付近には田んぼが広がっており、道といえばあぜ道のみといったような湿地帯でした。

島津軍の陣容はというのは、先鋒に赤星統家を据え、その右に家久、左に新納忠元及び伊集院忠棟、本陣である森岳に有馬軍5千、山手に猿亘信光、さらに海浜の松林と山手に伏兵を置き、海上には鉄砲隊3百を乗せた船を配置するといったものでした。

逆に南下してきた龍造寺軍は、軍を三つに分けて陣を敷きました。その陣容は中央に龍造寺政家と鍋島直茂、山手に隆信、浜手には江上家種と後藤家宣といった形をとりました。

隆信は3月24日の朝、自らの軍が大軍であることを恃み、陣変えを行って自らを中央にしたのち進撃を開始、その際隆信は肥満のため馬に乗ることが出来ず、駕籠を使って移動していたといわれています。

龍造寺軍は千丁の鉄砲隊、次に千5百の槍隊、続いて長刀・弓、さらには少数ながら大砲隊を率いて進軍し、そして攻撃の口火を切りました。

その先陣部隊が城戸に迫るや否や逆に島津軍から大量の矢玉を浴びせられ、軍勢がひるんだところへ、島津軍の先陣である赤星隊に襲い掛かられました。

龍造寺軍が攻め進んでいたのは両側が湿地帯となった隘路で、島津軍に攻めかかられた龍造寺軍は深いぬかるみに足を取られて身動きが取れなくなったところへ、待ってましたとばかりに島津の伏兵が弓矢や鉄砲で襲い掛かられ、さんざんに攻めたてられました。

龍造寺軍は続く第二・第三陣も湿地で動きが取れないところに島津軍に大いに攻め込まれ、大混乱に陥ったなか、龍造寺軍の大将であり「肥前の熊」と呼ばれた隆信が島津方の川上左京に討ち取られたのを機に、善戦していた山手と浜手の兵も総崩れとなってしまい、全軍敗走してきました。

《合戦の結果》
この勝利で、島津軍は有馬晴信と共同して北九州に橋頭保を築くことに成功し九州第一の勢力となり、北上政策をさらに加速させました。

一方、今回の敗戦によって勢力が一気に衰退し、さらには当主を失ってしまった龍造寺家では、主を無くした龍造寺氏では隆信が残していた遺言にのっとって、嫡男の政家を後継とし、辣腕とうたわれた鍋島直茂を補佐役として抜擢しました。

ただその後、龍造寺家はその鍋島直茂に取って代わられて、滅亡することになってしまいました。