読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう!おもしろすぎる戦いの数々

戦国時代においては、その時代名を読んで字のごとく毎日どこかしこで合戦が繰り広げられていました。それらの合戦がなぜ起こったのか、またその合戦を是か非でも勝ち抜くために武将たちはどのような準備を施し、またどのような戦略や戦術を駆使して戦ったのかをいくつかの合戦にスポットを当ててご紹介していきます。

賤ヶ岳の戦いで七本槍に数えられた戦国の猛将「福島正則」

f:id:hitokoburakuda2012:20160414135138j:plain

●永禄4年(1561年)~寛永元年(1624)7月13日
●安芸広島城

福島正則は永禄4年(1561年)、尾張で桶屋を営んでいた福島正信の長男として生まれ、母親が豊臣秀吉の母親の姉妹だったことから幼いころより小姓として秀吉に仕えていました。

秀吉が中国地方の攻略を命じられると正則も従軍し、天正6年(1578年)播磨三木城の攻撃で初陣を飾るなど、各地の戦いに参加して功を挙げ秀吉より200石を与えられました。

天正10年(1582年)、本能寺で信長を討った明智光秀との山崎の戦いでも、光秀の居城・勝龍寺城を攻撃するなどの活躍をし、さらには天正11年(1583年)に行われた柴田勝家との賤ヶ岳の戦いの際には、加藤清正らと共に賤ヶ岳の七本槍と呼ばれる活躍をし、その中でも猛将・拝郷家嘉を討ち取るといったような一番の活躍を見せて、秀吉より5,千石を与えられました。

その後も天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い四国征伐、さらには天正15年(1587年)の九州平定でも手柄を挙げて、伊予今治11万石の大名に列せられました。

文禄元年(1592年)からの朝鮮出兵においては、戸田勝隆、長宗我部元親蜂須賀家政、生駒親正、来島通総などを率いる五番隊の主将として渡海し各地で戦いましたが、この頃から吏僚である石田三成との間柄が険悪になっていきました。

そんな中、文禄4年(1595年)7月に豊臣秀次が秀吉によって自害させられると、正則は秀次の旧領であった尾張清洲24万石の領地を与えられました。

そして慶長3年(1598年)8月に秀吉が死去すると、正則は三成との仲が益々険悪になり、翌慶長4年(1599年)に前田利家が死去すると加藤清正らと共に三成を襲撃しました。しかしその場は家康の仲裁によって収められましたが、この事件によって三成は佐和山での隠居に追い込まれました。

そのような経緯もあり正則は次第に家康と親しくなり、正則の養子・正之に対して家康の養女・満天姫を貰い受けることが決まりました。

慶長5年(1600年)、家康が会津征伐に出陣すると、正則も6千の兵と共に従軍し、その道中で三成挙兵の報を受けた家康より招集された小山評定では、他の武将に対して家康率いる東軍へ参加する流れを作りました。

その評定において、会津討伐から反転して西上し、三成率いる西軍と戦う方針に決まると、岐阜城関ヶ原の戦いでは先頭に立って戦闘を行って東軍の勝利に貢献し、戦後は安芸・備後の2ケ国49万8千石を与えられました。

その後月日は流れて、慶長19年(1614年)に大阪の陣が勃発すると、正則は秀頼に加勢を求められると、大坂の蔵屋敷にあった備蓄米の接収を黙認するものの、積極的な協力は拒絶しましたが、それでも家康からは危険視されて、従軍は許されず江戸留守居役を命じられました。

そして、家康が亡くなった後、元和5年(1619年)、台風の被害によって壊れた広島城の石垣を幕府に無断で修理した罪 等により安芸・備後の領地を没収され、信濃川中島四郡中高井郡と越後魚沼郡の4万5千石に減封・転封となり、それを機に正則は隠居し、家督を嫡男・忠勝に譲りました。

しかし元和6年(1620年)に忠勝が早世したため、正則は2万5,000石を幕府に返上した後、寛永元年(1624年)に正則は64歳の生涯を終えました。

ただ、その残った2万石の領地も、幕府の検死役の堀田正吉が到着する前に、正則の遺体を家臣・津田四郎兵衛が火葬したために没収されてしまい、福島家は取り潰しになるも、幕府は正則の子・正利に旧領の内約3,千石を与えて、旗本に取り立てています。

尼子家の再興に命を懸けて毛利氏と戦い続けた「山中鹿助」

f:id:hitokoburakuda2012:20160414135023j:plain

●天文14年(1545年)8月15日~天正6年(1578年)7月17日
●出雲・尼子氏家臣、尼子十勇士

山中鹿介は天文14年(1545年)8月15日、出雲・富田庄に生まれたとされています。もともと山中家は尼子氏の家老でしたが、父・満幸が早世していたため、母一人の手で育てられ、貧しい生活を送っていました。

そんな中、鹿介は10歳の頃から弓馬や軍法を熱心に学び、13歳で敵の首を捕って手柄を立てると、16歳では伯耆尾高城攻めに従軍し、因幡伯耆において知る人ぞ知る豪傑・菊池音八を一騎討ちで討ち取っています。

その後の永禄5年(1562年)毛利氏が尼子氏を滅ぼすため出雲へ兵を進め、元就に率いられて出雲へ攻め入った毛利軍は、尼子方の有力国衆らを次々と攻略しながら、同年12月には荒隈へ本陣を構えて尼子氏の居城・月山富田城攻めを本格的に開始しました。

毛利軍は永禄6年(1563年)8月13日、宍道湖の北岸に位置し、月山富田城の補給路を確保するための重要な拠点である白鹿城への攻撃を開始すると、尼子軍は白鹿城を救援するべく援軍を送りましたが、その戦いで尼子軍は敗れ、月山富田城へ撤退しました。

しかしその撤退の中、鹿介は兵約200を率いて殿を担当し、追撃してくる吉川元春小早川隆景の軍を七度にわたって撃退する活躍をみせています。

その後の永禄7年(1564年)には、毛利方の杉原盛重と美保関で、また永禄8年(1565年5月)4月17日の毛利軍による月山富田城への総攻撃の際には塩谷口で吉川元春らの軍と戦闘を繰り広げ、さらに同年9月には毛利方の品川将員を一騎討ちで討ち取ると、月山富田城攻めのため白潟に滞在していた毛利方・小河内幸綱の軍を夜討ちによって多数討ち取っています。

そんな鹿介の活躍の甲斐なく、月山富田城の尼子義久は毛利軍に降伏を申し出て、戦国大名尼子氏は一時的に滅びることになりました。

鹿介は連行された主君・義久ら尼子3兄弟への随従は許されず、出雲大社で主君と別れた後、尼子家の再興に力を注いでいくことになりました。

尼子氏滅亡後、牢人となった鹿介は永禄11年(1568年)、立原久綱らとともに、京の東福寺で僧をしていた尼子誠久の遺児・勝久を還俗させ、各地に散らばる尼子家旧臣らを集めて密かに尼子家再興の機会をうかがい、毛利氏を相手に2度の再興をかけた戦いを挑みましたが残念ながらも失敗に終わりました。

鹿介は、そんな状況に屈することなく、織田信長を頼って京へ上り、無事に信長と面会した結果、信長に気に入られて駿馬を賜わったうえ、織田軍の下で尼子家再興を目指すことになりました。

そして天正5年(1577年)10月、信長の命を受けた羽柴秀吉が播磨へ兵を進めると、鹿介ら尼子再興軍も秀吉軍に従軍し、12月秀吉が播磨西部の上月城の攻略に成功すると、鹿介は主君・勝久と共にその城に入りました。

この城を拠点として尼子家の再興に乗り出しましたが、天正6年(1578年)2月に三木城の別所長治が毛利氏に寝返ると、好機到来とばかりに吉川元春小早川隆景らが3万以上の兵を率いて播磨に侵入し、尼子軍が籠もる上月城を包囲しました。

上月城が毛利軍に包囲されたとの知らせを受けた秀吉は、荒木村重らと1万の軍をもって上月城の救援に向かいましたが、信長より三木城攻撃を優先するよう命じられたため、断腸の思いで陣を引き払って撤退、そのため上月城は孤立し、7月5日ついに尼子軍は毛利軍に降伏することとなりました。

捕えられた主・勝久と弟・助四郎は切腹、鹿介と立原久綱は生け捕られて毛利輝元の下へ連行される途中、備中国合の渡で謀殺されました

信長と秀吉の未来を予言した毛利家の外交僧「安国寺恵瓊」

f:id:hitokoburakuda2012:20160328124926j:plain

●天文8年(1539年)~慶長5年( 1600年)10月1日
●毛利家の外交僧であり6万石の大名

安国寺恵瓊は、天文8年(1539年)甲斐の武田氏と同族である安芸の守護・武田氏の一族・武田信重の子として生まれました。

しかし天文10年(1541年)、毛利氏によって武田氏が滅ぼされると、家臣に連れられて脱出し、東福寺末寺である安芸の安国寺に逃げ込んで出家しました。

その後、京の東福寺に入り、竺雲恵心に学んで禅僧になると、師である恵心が以前から親交のあった毛利隆元の外交僧になったため、弟子の恵瓊もこれを手伝うこととなり、やがて恵瓊も外交僧として毛利家に仕えることになりました。

この間、恵瓊は天正2年(1574年)安芸安国寺の住持となり、後には東福寺、さらには南禅寺の住持になって、中央禅林最高の位にもついています。

天正元年(1573年)、恵瓊は外交僧として京へ出ました。その時期、足利義昭織田信長によって京都を追放されましたが、本願寺顕如の仲介もあって、三好義継の居城・若江城へ移り、さらに11月5日に堺へ移ると、そこへ信長の使者として羽柴秀吉と朝山日乗が訪れ義昭に京へ戻ることを要請しましたが、その会談に毛利氏側の使者として恵瓊も参加しています。

そんな中で恵瓊は信長や秀吉を評して、「信長の天下は3~5年は続き、来年あたり公家になるかもしれません。しかしその後は転げ落ちるでしょう。秀吉という男はなかなかの男です。」という有名な言葉を残しています。

結局、義昭は信長の申し出を断り、毛利氏を頼ってきたため、毛利氏は信長と戦うことになりますが、そんな難しい状況下で恵瓊は、毛利家の頭脳である小早川隆景に対して、何くれとなく助言を与えました。

天正10年(1582年)6月、毛利氏は信長に命じられて中国地方に兵を進め、備中高松城を囲んでいた秀吉と対陣していましたが、その最中に本能寺の変が起こり、秀吉から和平交渉を持ちかけられると、恵瓊は隆景と共に、反対派である吉川元春らを説得し、本来時間の掛かる和平交渉を早急に成立させました。

このことは、早く近畿へ馳せ戻り、逆臣・明智光秀との信長の仇討ち合戦を行いたかった秀吉に対して恩を売ることになり、恵瓊自身の出世に繋がっていきました。

その後、恵瓊は毛利家の外交僧の立場でありながら、秀吉のために働くようになり、四国征伐天正14年(1586年)の九州征伐での功を認められ、その結果秀吉から6万石を与えられ、僧でありながら豊臣家の大名という異例の抜擢を受けました。

恵瓊は、秀吉による国内統一の総仕上げである北条氏が籠もる小田原城攻めや、二度にわたる朝鮮出兵にも小早川隆景が率いる六番隊の一員として渡海し、実際の戦闘にも参加しています。

そして慶長5年(1600年)、以前から親交の深かった石田三成が、徳川家康に対して挙兵すると、恵瓊は吉川元春の三男で毛利氏の支柱のひとりである吉川広家の反対を押し切って毛利一族の当主・毛利輝元を西軍の総大将として担ぎ出すことに成功しました。

9月15日の関ヶ原本戦では、毛利秀元や広家とともに東軍・家康の後方にある南宮山に陣を敷きましたが、広家が密かに家康と通じ、毛利軍の参戦を阻止したため、毛利軍は一戦もすることなく西軍は敗北してしまいました。

恵瓊は敗走し、京都に身を隠していましたが捕縛され、大津の家康の陣所に送られた後、10月1日に西軍首脳のひとりとして、三成や小西行長と共に、市中引き回しのうえ、六条河原にて斬首、そして梟首され、63歳の生涯を終えました。